物流、倉庫オペレーション

サービスメニュー


 「どこに問題があり、課題として取り組むべきでしょう?」「課題として取組む時、どの様な流れで取り組むべきでしょう?」「私たちが日々触れている業務に潜む構造的なクセを掴んでますか?」この様な質問に答えられなければ、御社の改善活動は上手くいきません。2Sは大切です。ただやみくもにやっても徒労感が広がる場合があります。


詳細


A. 社内へのアンケート調査を通した組織課題のあぶり出しを行います。経営とオペレーションのどこがどのようにズレが発生しているのか。把握する第一歩に活用ください。

 

B. 労働生産性の分析手法を独自に持っています。それらを使い労働生産性の分析から、各業務のパフォーマンス(生産性、品質、納期)に関しての状況解釈から、問題のあぶり出し、インパクトに応じた取り組み順位を行います。

C. Bの分析サイクルと改善実施サイクルを御社の本社機能に組み込むための伴走型のアドバイザリー業務を行います。