物流、倉庫オペレーション

分析標準化サービスメニュー


 オペレーション標準化は実際に行われている事ですが、分析となると「標準化って?」なると思われます。生産性を把握する為に使用するデータの分析も、範囲が広く、深さもまちまちで、様々な分析方法の可能性があります。人材不足の時代に関わらず、優秀な人材の時間が多く割かれ、いわゆる「分析疲れ」が発生します。結果として、肝心な改善アクションに時間が割けてない状況を散見します。そこでVRI手法(Visualize Room for Improvement)を活用し、データ分析の方法、解釈を事前に確認し、更にはデータ取得も容易にできるツールを使用してこれら課題に立ち向かっているものです。


サービスメニュー


A. KGI生産性評価・設定サポート

 KGIの中に「労働生産性」を項目を加え、その「評価」につながる「報告」「データ取得・継続収集基盤」の構築とプロセスをサポートします。

 また、プロセス構築後、継続的に定期頻度でのレポート報告も利用可能です。

 

B. KGI/KPIデータ取得ツール貸出

 生産性や、その他のKPIの取得に便利なソフトのインストールされたタブレットの貸出です。

A+C. KGI/KPIマネジメントチーム教育

 Aのサービスに加え、KPIにおけるプロセスの構築をサポートします。


※上記各サービスを、貴社内オペレーションに向けて構築するのか、貴社外オペレーション向けて構築するのかで内容が異なるなる部分が出てきます。

※既に実施中のオペレーションに向けて構築するのか、今後おこなう新規に獲得又は営業するオペレーションに向けて構築していくのかで、内容が異なる部分が出てきます。